鞍馬寺 尊天

京都府 鞍馬寺・鞍馬山

尊天とは、「宇宙の大霊であり大光明、大活動体」であり、私たち人間をはじめ万物を生かし存在させてくださる宇宙生命・宇宙エネルギーであって、そのはたらきは愛と光と力となって現れる。

愛を月輪の精霊ー千手観音菩薩
光を太陽の精霊ー毘沙門天王
力を大地の精霊ー護法魔王尊
のお姿であらわし、この三身を一体として「尊天」と称するのである。

「月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強く」と祈り
「すべては尊天にてまします。」とお唱えするのである。

祈りのことば

月のように美しく
太陽のように暖かく
大地のように力強く
尊天よあふるるみ恵みを与えたまえ

※鞍馬山入山時に頂く鞍馬山案内書引用

本殿に入るとわかるのですが、
右に、千手観音菩薩
中央に、毘沙門天王
左に、護法魔王尊
が、祀られています。

京都府 鞍馬寺・鞍馬山 休日の癒し

Copyright (C) 2009 京都府 鞍馬寺・鞍馬山 休日の癒し. All Rights Reserved.