鞍馬寺 ウエサク祭(五月満月祭)

鞍馬寺・鞍馬山

五月の満月には天界と地上の間に通路が開け、ひときわ強いエネルギーがふりそそがれるという。
この夕、満月に清水を捧げ心のともし灯を輝かせつつ、ふりそそがれる神秘的なお力を身に受けて、自分とすべてのものの「めざめ」のため熱い祈りを捧げるのが、光と水と聖音の祭典「五月満月祭(ウエサク祭)」である。
祭典は三部に分かれ、第一部は「きよめ」の祈りで、祭典に集う人々は、まず自己と場の清浄のために魔王尊を讃仰する。
月が天頂に近づく頃、ひとりひとりが持つ純粋無垢な心の象徴の「心のともし灯」に灯が点される。
祭場がともし灯に埋まると、銀碗に清水を満たし月に祈りを捧げる。
次にともし灯を高く掲げて、真実に生きぬくための強い力を与え給えと「お力の宝棒」の加持を受け、月光のふりそそがれた明水をわかち頂き、慈愛のみ恵みを心に満たす。
そして第二部では、月光を受けながら大地に腰をおろし静かに「はげみ」の瞑想を行い、夜明けの近い第三部には、智慧の光を輝かせ真実に生きることへの「めざめ」を象徴する聖火が天を衝いて上がる。
最後に全員で「心の書」を唱え魂の夜明けを迎える。

※ウエサク祭当日、山内案内所で頂いた「五月満月祭」から引用

五月満月祭(ウエサク祭)

東南アジア等の仏教諸国でも、同じように行われる国際的な祭典で、当日も外国の方がたくさんおられました。

ウエクサ祭 鞍馬寺・鞍馬山満月祭なのに天気が悪く、お月様が見えないどころか、ポツポツと・・・

五月満月祭(ウエサク祭)は上記のとおり、三部に分かれていて、
第一部 午後7時 地鏡浄業(きよめ)
第二部 午後10時 月華精進(はげみ)
第三部 引き続き 暁天明覚(めざめ)
で、行われました。

鞍馬行きの電車もいっぱいの人でしたが、本殿金堂前に着くと小雨にも関わらず、すでにたくさんの人でいっぱいでした。

ウエクサ祭 鞍馬寺・鞍馬山すぐに場所を確保し、「一人一願成就祈願」の申し込みをし、「心のともし灯」のろうそくを買いました。

「一人一願成就祈願」に結縁すると、「お力の宝棒」の護符を頂けます。

今年は天候が悪いせいか、人が少ないとお寺の方が仰ってました。いつもは、本殿金堂(ほんでんこんどう)前は人でうまっているそうです・・・

小雨の中、第一部の地鏡浄業(きよめ)がはじまり、お経を唱える中、尊天ご宝前の「消えぬ灯」より移された灯を、参列者前方者の「心のともし灯」(ろうそく)に移していかれ、その灯を各自後者の方に移していくのですが、移し終わると本殿金堂前はろうそくの灯でいっぱいになり、何ともいえない神聖な感じになりました。

暗くなってきた本殿金堂前は、お経がひびき、「心のともし灯」(ろうそく)の灯りとすごくいいです。

その後、月光のふりそそがれた明水をみなさん順番に頂くのですが、わたしたちが並んでいると、なんと曇り空の間から出ました!

お月様が!!!

ウエクサ祭 鞍馬寺・鞍馬山いっせいに、”わぁ〜〜〜!”と歓喜の声が・・・

しびれましたよ、もぉ〜!

みなさんいっせいに、フラッシュの嵐、
ということでわたしも、パシャ!

右上に何かが・・・オーブかな・・・???

第一部の地鏡浄業(きよめ)が終わっても、みなさん撮ってましたね〜。

休憩があって、第二部 月華精進(はげみ)がはじまるのでですが、お経を唱えられる中、瞑想するのですが、ほんとうによかったです!

スリランカの僧呂の方ふたりがマントラを唱えられるのですが、なんともいえないいい声とハーモニーなんです。

す〜〜〜!と、入っていきます。

何度でも聞きたいぐらい、いいです!

スリランカの僧呂の方の1人が、鞍馬寺に数年間おられたみたいで、その縁でウエサク祭に毎年来られるそうです。

引き続き、第三部 暁天明覚(めざめ)に入っていきます。

金剛床(こんごうしょう)の上に積まれた、聖火(杉の枝?一番上の画像)が灯され、お経を唱えながらお寺の方が、きっと「一人一願成就祈願」の紙?と思うのですが、聖火の中に入れていきます。

最後、参列者全員で「心の書」を唱えます。

12時過ぎていたと思いますが、終了後もみなさんいろいろ写真を撮ったりする方や、お月様が出てきたことで興奮しながら話をしている方など、いろんな方が楽しんでいたと思います。

わたしも御山の氣等も頂き、ほんとうに楽しく、ワクワク・ドキドキの一日でした。

鞍馬寺のみなさん、お月様、ほんとうにありがとうございました。

 

京都府 鞍馬寺・鞍馬山 休日の癒し

Copyright (C) 2009 京都府 鞍馬寺・鞍馬山 休日の癒し. All Rights Reserved.