九十九折参道

九十九折参道 鞍馬山

11 九十九折参道(つづらおりさんどう)

九十九折参道は、清少納言が『枕草子』で
「近うて遠きもの、くらまのつづらおりといふ道」
と評した鞍馬寺の表参道です。

保育園をすぎ登っていくと放生池(ほうじょういけ)があり、生きものを放して逃がすところで、この放生池から魔王の滝(まおうのたき)まで一帯を護法境(ごほうきょう)といいます。
吉鞍稲荷社(よしくらいなりしゃ)や鬼一法眼社(きいちほうげんしゃ)があります。

この上に由岐神社・川上地蔵堂・義経公供養塔・いのちがあり、なおも登っていくと太鼓橋があります。

この橋を双福橋(そうふくばし)といい、福徳の神である玉杉大黒天(たますぎだいこくてん)と玉杉恵比寿尊(たますぎえびすそん)の二柱の福神を結ぶ橋で、この一角を双福苑(そうふくえん)と呼ばれています。
玉杉大黒天は、葉の先が玉のように巻いている杉の巨木で、大黒天の化身として、尊崇されて来ました。

双福苑をすぎ、しばらく登ると中門です。


     
放生池(ほうじょういけ) 鞍馬山

放生池(ほうじょういけ)です。

九十九折参道 鞍馬山  

九十九折参道です。

双福苑(そうふくえん)

双福苑(そうふくえん)です。

双福橋(そうふくばし)

双福橋(そうふくばし)です。

九十九折参道 鞍馬寺  

九十九折参道です。ちょっと暗いですね。。。

京都府 鞍馬寺・鞍馬山 休日の癒し

Copyright (C) 2009 京都府 鞍馬寺・鞍馬山 休日の癒し. All Rights Reserved.