中門

中門 鞍馬寺

12 中門(ちゅうもん)

中門はもともと山麓の仁王門の横にあって、勅使門(ちょくしもん)または四脚門(しきゃくもん)と呼ばれており、朝廷の勅使の通る門でした。

この中門をくぐると、本殿金堂までは石段と敷石の道になります。

本殿金堂までの途中に新参道と合流し、本殿金堂への155段の石段へと続きます。

この石段を登っていくと、福徳と智慧と財宝の神・弁財天を祀る”巽の弁財天社(たつみのべんざいてんしゃ)”や、信徒の休憩所”洗心亭(せんしんてい)”があります。


  
中門(ちゅうもん) 鞍馬寺

中門(ちゅうもん)です。

石段 鞍馬寺  

中門をくぐると、本殿金堂までは石段が続きます。

京都府 鞍馬寺・鞍馬山 休日の癒し

Copyright (C) 2009 京都府 鞍馬寺・鞍馬山 休日の癒し. All Rights Reserved.